本日(8月12日)、日本バスケットボール協会より
15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進について
の発表がありました。

かねてから言われていた、15歳以下でのゾーンディフェンス禁止(マンツーマンディフェンスを推進)が来年度より本格的に導入する事となりました。


【マンツーマンディフェンスを推進の趣旨】
◆発育・発達段階に応じた適切な指導で選手をより高いレベルへ導く。
◆子どもたちがよりバスケットボールを楽しんで打ち込める環境を作る。
◆日本全体の競技力を向上させる。
これによって、
「プレイヤーズファースト」を尊重し、
目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進
となっております。

【マンツーマンディフェンスの効果】
◆1対1でバスケットボールを楽しむ。
◆個人のスキルアップを図る。
◆状況判断力、理解力を高める。
◆想像力を養う。
これによって、
◆強力な1対1の突破力、得点力のある選手が育つ。
◆ディフェンスで相手を止められる選手が育つ。
◆高い運動能力を持ち、オールラウンドに活躍できる選手が育つ。
◆マンツーマンディフェンスの強化により、将来的なゾーンディフェンスの活用を含めた総合的なディフェンス力の強化が実現する。
となり、
◆世界で活躍できる選手が増える。
◆強い日本代表チームができる。
となっております。

【マンツーマンディフェンスを推進する背景】
◆世界の強豪国では16歳以下のゾーンディフェンスを禁止しており、国際バスケットボール連盟(FIBA)もミニバスでは禁止している。
◆日本では、12歳以下(U-12)のチームの90%以上がゾーンディフェンスを導入しており、中学校の約70%がゾーンディフェンスを中心に試合を組み立てている。
◆・15歳まではコーディネーショントレーニングや基礎的なスキルを学ぶべき年代であるが、ゾーンディフェンスというシステムを主に指導されるため、オフェンス、ディフェンスの両面において1対1の対応力が不足している。

【導入のための各種取組み-1】
◆マンツーマンディフェンスのルールブック等の制作および普及
◆指導者のレベル向上
◆マンツーマンディレクター/コミッショナーの育成

【導入のための各種取組み-2】
◆ミニバスケットボール競技規則の見直し
◆評価体制の構築
◆関係団体との連携

【導入スケジュール(案)】
8月より、ルール制定、映像制作
9月末より、マンツーマンディレクター養成
10月より、マンツーマンコミッショナー養成
10月中頃より移行期間に入り、
来年の全国ミニ・Jrオールスターで導入し、
2016年度より、U-12・U-15全大会(全中含む)で導入
U15mandf_20150812_ページ_08

【マンツーマンディフェンスの基準】
各種競技会において、ゾーンディフェンスの判定はマンツーマンコミッショナーが行うことになります。
U15mandf_20150812_ページ_09  U15mandf_20150812_ページ_10  U15mandf_20150812_ページ_11

「15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進について(導入準備資料)」

⇒ 【重要】15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進について-日本バスケットボール協会

※最新情報は、コチラでご確認下さい。↓↓↓
players_development_banner
◆マンツーマンディフェンスの推進

みなさん、いろいろご意見があると思います、
「15歳以下でのゾーンディフェンス禁止」についてどう思われますか?

よかったら、下の方のコメントより、ご意見をどうぞ!