「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」
▼開催期日
2017年11月23日(木)~11月27日(月)
2018年2月22日(木)~2月26日(月)
2018年6月29日(金)~7月2日(月)

▼開催地:インド・バンガロール
各グループで、ホームとアウェーで開催(ホーム、アウェー:各3試合)

▼出場チーム:16ヶ国
[グループA]中国、ニュージーランド、韓国、香港
[グループB]日本、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、フィリピン
[グループC]シリア、レバノン、インド、ヨルダン
[グループD]イラク、カタール、カザフスタン、イラン
 ※各グループの上位3チームが2次予選へ進出

FIBAバスケットボールワールドカップ アジア地区 1次予選 Window1(11/24 vsフィリピン 11/27 vsオーストラリア)の2試合における、バスケットボール男子日本代表チーム 日本代表選手12名が決定しました。


[PR]
★バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】
 試合で得点が取れる選手になりたい、オフェンス重視の上達法とは?⇒詳細はコチラへ

◆平成29年度バスケットボール男子日本代表チーム
 FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選
 日本代表選手 メンバー表

▼チームスタッフ
ヘッドコーチ:フリオ・ラマス (JBA)
アシスタントコーチ:エルマン・マンドーレ (JBA)
アシスタントコーチ:佐古 賢一 (JBA)
パフォーマンスコーチ:佐藤 晃一 (JBA)
S&Cコーチ:阿部 勝彦 (JBA)
サポートコーチ 兼 通訳:伊藤 拓摩 (アルバルク東京)
アスレティックトレーナー:一柳 武男 (JBA)
ドクター:金 勝乾 (順天堂大学医学部附属練馬病院)
マネージャー:西村 拓也 (JBA)
通訳:石橋 潤 (JBA)

▼選手
#2  富樫 勇樹 (千葉ジェッツ) 167cm
#6  比江島 慎 (シーホース三河) 190cm
#7  篠山 竜青 (川崎ブレイブサンダース) 178cm
#8  太田 敦也 (三遠ネオフェニックス) 206cm
#10 竹内 公輔 (栃木ブレックス) 206cm
#11 宇都 直輝 (富山グラウジーズ) 189cm
#15 竹内 譲次 (アルバルク東京) 207cm
#18 馬場 雄大 (アルバルク東京) 198cm
#24 田中 大貴 (アルバルク東京) 192cm
#35 アイラ・ブラウン (琉球ゴールデンキングス) 193cm
#51 古川 孝敏 (琉球ゴールデンキングス) 190cm
#88 張本 天傑 (名古屋ダイヤモンドドルフィンズ) 197cm
平均身長 192.8cm

※所属は2017(H29)年11月23日現在

平成29年度バスケットボール男子日本代表チーム FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選 日本代表選手 メンバー

 ⇒ JBA日本バスケットボール協会

 ⇒ JBA大会特設サイト(日本語版)